アニメオタクの服の選び方-OREG

アニメオタクの私服はダサいなんていわれたくない!?

アニメオタクや漫画オタクなど服に興味がない私の服の選び方をご紹介

服装のダサいオタクなどに関する考察

ダサいオタクの服装を親や家庭環境のせいにしてみる


ダサいオタクの服装を親や家庭環境のせいにしてみる

評価: 5.0

レビュー: 3件のレビューがあります。

家庭環境、つまり親が非常に重い責任を負うことになる。

自分で興味あること見つけてそれに特化するというのは、天才や才能のある1%の人間が行うものである。
だから、子供は、
父親が鉄道が好きならば、子供も好きになるし、
母親が料理好きならば、娘は料理が好きになるであろう。

親が医者でそれをあまりに強要すれば、子供は勉強嫌いになる。

これは親が子供に対するアプローチの違いから生まれるあまりにも結果がですぎた論である。
つまり、鉄道好きのてっちゃんや料理好きママは、子供とすごく有用な関係を築くことが出来る。
つまり親と子供が楽しく仲がいい。

逆に医者の親は子供に対して冷たい。医者は本来一般人より賢いはずが、人間的母性本能を忘れ、
子供には辛く当たり、子供がダメになるケースがある。
だが、医者の遺伝子はやはり一般人よりもいいためか子供は努力して大成しやすい。
それは結果論なので話にはならない。

すなわち親が昭和時代のそのままの感覚で生きて、
そのセンスを子供に押し付けるのであれば、子供はダサい人間になるのである。

ダサいというのは自分のモチベーションであったり生きる活力を失われてしまう現状がある。
人間というのは裸ではないので、自分の身につけるもので
自分を表現するということが、子供のうちから理解できていないと、
いつも同じ服を着ても気にしないという子供になる。

だが、社会的には、そうではないので
思春期であったり大人になったときに、実感することになる。

子供は、自分自身に経済的な力が無いためすべて親に頼ることになる。
親が昭和な考え方を引きずっていると、親が子供に与える服は、
すごくかっこ悪い、イズミヤだとかダイエーで売られている
低価格商品ばっかり買い与えるだろう。

過保護であると、
子供が選んだ服を(センスがないからダサいんだけど努力は評価すべき)
親がこれは着ていて恥ずかしいからこっちにしろ
だとか、叱る。

この叱り方も、ダメな子供を持つ親というのは、
着ていて恥ずかしいからだとか、石を投げられるだとか、
子供にとって心に残るような言い方をする親も多い。

この文章からの結論どおり、
親というのは子供の重要な時期を保護している
子供にとって一番の道しるべなのであり、この時期の接し方を間違うと
大人になって大きな失敗を生むことになるのである。

なぜオタクになってしまうのか?であったり
意識に与えられるモチベーションだとか覇気についての考察は次の機会で。

このサイトで掲載されている情報は、アニメオタクの服の選び方-OREG の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2011 アニメオタクの服の選び方-OREG All Rights Reserved.